Amazonオリジナルドラマ『The Tick』がおもしろい。ヒーロー物海外ドラマ

ご無沙汰しておりますまっきーです。

突然ですが、海外ドラマって途中で観飽きません?

僕はそうなんです。観始めたものの、なぜか途中の話数で飽きてしまうんです。

映画は平気なんですけどね。

途中のドラマは数知れず、ゲーム・オブ・スローンズやウエストワールドにウォーキング・デッド・・・。

そんな僕でも、あっという間にシーズン1を観終えてシーズン2早く来い!来い!

そんな海外ドラマに出会えました。ご紹介します!

The Tick

The Tick とは

青いスーツに身を包んだ超能天気ヒーローが弱気な会計士を巻き込んでドタバタするヒーローコメディー。

原作は1980年台のアメコミ。ドラマ『スーパーナチュラル』脚本のベン・エドランドの作品。

本場アメリカでは大変人気らしく、アニメ化や2001年に一度実写化されています。

そして、Amazonビデオで復活!リブート版で配信開始されました。

あらすじと見どころ

スーパーヒーローが存在する世界。過去の事件で心に傷を負い精神に病を抱えている会計士アーサー。彼は、死んだはずの大悪党テラーが実は生きていて裏で街を支配してることを信じていた。だが、彼の周りは誰も信じてくれない。

テラーの存在を証明すべく奮闘する中、全身を青いスーツに身を包み変な触覚やけに大きな声のスーパーヒーローと出会う。ヒーローの名前はティック。ティックだけがアーサーを信じてくれた。

ある朝、ティックに悪党から取ったヒーロースーツを渡される。ヒーローにはなりたくないアーサーだったがそのスーツがテラーへの手がかりだと知る・・・。

『The Tick』の見所はずばり

  • シンプルなストーリー
  • コメディー
  • 個性が強すぎるキャラクター
  • だっさいコスチューム
  • 吹き替えが良い

全体的にゆるすぎてかなり観やすいです。海外のドラマというと情報が多くて集中しないと楽しめないイメージがあります。(個人的にです)

その点これは作業しながら観れますね。ストーリーはシンプルながらキャラクターはめちゃくちゃ濃いです。

本作のヒーローTick

ダブル主人公の1人のスーパーヒーロー。強靭な肉体と怪力、抜群の運動神経。超天然。なんだか憎めないそんなヒーロー。

巻き込まれる主人公アーサー

ダブル主人公の1人の至って普通の一般人。ヒーローtickに出会ってからは振り回されてばっかり。最初はヒーロー活動を渋っていたがシーズン1最後ではヒーローとしての自覚をもちはじめて・・・。

電気を操るミス・リント

かつての大悪党テラーの右腕。電気を操る超能力をもつ。体には常に静電気を帯びてしまっているため、ほこりがついてしまうのが悩み。元同僚のオーバーキルを気にしている。

アンチヒーロー オーバーキル

街の悪党を抹殺しているアンチヒーロー。髑髏のフェイス、様々な飛び道具を武器にしている。相棒のAIとは仲良し。仮面を取ると目がキラッキラ。

大悪党テラー

かつてのヒーローを倒し、街を支配していたがある事件で死んだとされていた。だが、アーサーだけは大悪党テラーは生きていて街を支配し続けていると信じている。

Amazonオリジナル

そもそも、なんでAmazonの配信なのかというと。

Amazonパイロットシーズン。というAmazonの企画がありまして、日本未公開のAmazonオリジナルドラマやアニメの1話を配信して視聴者にアンケートを取ります。

その結果から今後のシリーズ化を決めるそうで。

この『The Tick』も数ある作品から選ばれたわけですね。はい。面白いからシリーズになっているんです。

他のAmazonオリジナルもきになる・・・。観ていこう思いますのでよろしくお願いします。

シーズン2が配信決定!!

ななななんと!シーズン2の更新が決定しておりました。

いや嬉しい限り。『The Tick』まだまだ楽しめそうです。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする