映画『ネオン・デーモン』がやばい。ネタバレ微。天使はここにいます。

みなさんいかがお過ごしでしょうか。

最近洋画ばかり観てるまっきーです。どもども。

聞いてくださいよぉ。

ちょっと気になってた映画がレンタル開始されたんで借りてね。

観たの。

もうね、、、

衝撃的

かなりやばい。映画だったの。

『ネオン・デーモン』

こちらの作品あまり話題になっていなかったけど衝撃作品ですよ。

ネオンがすごい作品。

それだけで魅せてくる映画でした。興味ある方ぜひ。

 美少女を見たいなら

この作品の主人公ジェシーを演じるエル・ファニングちゃん

とても美しいです。まっきーメロメロ。

あああぁあ!なんて!うつくしいんだ!

あああああああ!!かわいいい!

ああああああああああああああああ!笑顔!ああああああああああ!!!

ネオンデーモンの内容

エル・ファニングの美しさ可愛さがわかったかと思います。かわいいでしょ!?

ただ日本での知名度があまりないよね。

有名なのは映画『マレフィセント』オーロラ姫の役で出演してました。

さて、このネオンデーモン。

エル・ファニングが演じるジェシーがモデルを夢見てロサンゼルスにやってきます。欲望と狂気が渦巻くこの業界で新人モデルのジェシーは若さと天然の美しさでモデルとして成功していきます。

そんなジェシーをよく思わない先輩モデルもいるわけで。

モデル業界のきらびやかさの裏にはどす黒い女たちの嫉妬が。それを音と光と音楽で表現しています。

そして、ジェシーの最後には衝撃。なぜこうなった。

エル・ファニングが大好きな僕としては見てられませんでした・・・。

メインテーマがいい。

 Neon Demon

劇中にこの曲がたくさん流れます。不気味だけど頭に残るんですよね。

最後に

『ネオン・デーモン』正直、好き嫌いがはっきりする映画です。

無理な人は無理かも笑

エル・ファニング気になった方はぜひ。

ただエル・ファニングを推しまくってる感じになっちゃいましたが!

最後までありがとうございました~。


シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする