ミンティアVSフリスク 眠気をぶっ飛ばすのはどれだ!

新社会人の皆さん、おめでとうございます!

社会人の先輩まっきーからひとつだけ。慣れてくる頃が一番危ないからね。

あい、まっきーです。

最初はどきどきして真面目に業務をこなしますが慣れてきちゃうとねぇ。

どうしても眠くなっちゃう時があるんですよね。

水飲むとかマッサージするとか、試すんだけど究極にねむい!

そんな時助けてくれるアイテムがあるんです!

ミンティア Dry Hard

眠さをぶっ飛ばしてくる辛いミンティア。小学校の時一気に何個食べられるか我慢比べとかしませんでしたか?

そっか僕だけか。

業務中の眠気をどうにかしたいときにオススメなミンティアDry Hard

どんなメリットがあるのか、デメリットはあるのか挙げていきます!

業務中のミンティアのメリット

まずは実際に仕事中の相棒であるミンティアのメリットをずらっと挙げていきます!

口を動かさない

眠気を抑えるものと言ったらブラックガムですが、業務中のガムはさすがに印象が悪いですよね。

くちゃくちゃしながら上司と話すことはできません。

その点、ミンティアはひと粒ひと粒が小さいので口を大きく動かす必要もなくおすすめです。

コンパクト

ケースが薄い。そのため、どこにでも忍ばせることができます。

ガムやフリスクに比べるとかなり持ち運びやすくポケットに入れていても目立ちません。

安い

コンビニで並ぶ似たような商品の中で圧倒的に安い。

大容量

この税抜き100円もしないのに50粒も入ってます。ガムとか何個だいあれは。

圧倒的コスパ

カフェイン配合

現代社会の味方カフェインがひと粒ひと粒に配合されいる。ひと粒に配合されている量じゃすくない?ふた粒食べればいいじゃない。

黒いミンティアと黒いフリスク優れているのは

黒いミンティアに似た商品に黒いフリスクがある。

値段の高さからフリスクの方が効果が高いんじゃないのか。そう思う人が多いと思う。

しかし、私が実際に食べ比べ仕事中の眠気を飛ばすことが多かったのはミンティアだ。

自信を持って言えるが、フリスクよりミンティアの方が効果があると言える。

効果だけではなくミンティアが優っている点を上げていこう

価格

まずは価格だろう。フリスクの希望小売価格は税抜き200円、ミンティアの希望小売価格は税抜き100円。内容量はどちらも50粒。

二倍の差である。果たしてこの差は何があるのか。私にはわからない。

 薄い

容器を比べてもらうとわかるように、フリスクにくらべミンティアの容器の方が圧倒的に薄いのだ。

ポケットに入れてみてくれ。どうだろう、ミンティアの方が目立たないのではないだろうか。これは気にもならないしポケットに何入れてんだ?なんて上司に聞かれる可能性が低くなる。

カフェイン

驚くことにフリスクにはカフェインが入っていない。だがミンティアにはカフェインが含まれている!

フリスクに瞬間性はあるのかもしれないが、瞬間である。ミンティアにはカフェインが入っているため口に入れたあとの効果も期待できる。

フリスクよりもミンティアの方が眠さを凌げる

眠気を飛ばすことを目的とするならばミンティアがいいと、わかってくれたと思う。

これで今日から仕事の眠気の心配はせずにすむ!

ミンティアを食べ始めてもう3年経ちましたが、いつも助けてもらっています。若干、依存しちゃってる感があるのでみなさん気をつけて。

1つで一週間持たないのでまとめ買いをおすすめします。

▼関連記事

ショカコーラ これを聞いてなにを思い浮かびますか? じつはドイツのチョコレートなんです。なんだそりゃぁって感じですけどおかしいの...

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク