プログラミングで稼ごうと思ったけど簡単ではなかった話(当たり前)

これは僕自身の話

ブログ開設から1年を過ぎ、少しの利益を出せるようになってきた。

お金大好きな僕は大きな結果を出られなくて、なんだかもどかしい。

そんな時、仕事の関連でプログラミングの勉強することになった。

勉強していくうちにプログラミングは知って、プログラミングの中でもウェブ系のスキルは収入を得ることができる言語であることを知った。

僕は夢中になった・・・。

僕の6ヵ月を知ってほしい。

こんな人に読んでほしい

・プログラミングで稼いでいきたいと思っている人
・プログラミング挫折しかけてる人
・勉強しているけどこの先不安

6ヵ月のweb制作学習

2019年1月、Web制作の勉強始める

ブログでの収益を目標にしていたが、ウェブ制作の方が確実性があるのではないかと期待して勉強を決意した。

HTML,CSS,jQuery,Bootstrap,wordpress(php),サーバー関係
これらのスキルを身に付けられれば生活できるだけのお金を稼ぐことも可能

上記の言語、仕組みを6ヵ月かけて学習。言語や仕組みについては自身で調べていただきたい。

社会人に残った時間で学習できるのだからあなただってできるはず。

これらを習得すると、クラウドワークスランサーズなどのクラウドソーシングサービス、その他はココナラというサービスを利用して実際に稼ぐことができる。

案件を見てみるとスキルレベルに差があれど一件5千~10万と幅広く、案件をとることができれば大きな収入になる。なんて夢のある話だ。

仕事を探す。そして初案件。

ある程度のレベルに達したと判断し、実際に案件を探し始めた。が、、、。

仕事を探すのはすごく、すっごくとっても大変だった。

もー!クラウドソーシングは競争が激しい

一つの案件に20とか30人の人たちが提案してることなんてざら!

提案する人たちは実績を持つ人たち。実績なし僕には案件をくれるクライアントさんがいなかった。

案件を取るためのテクニックとかコツを調べながら提案しまくること50件目くらい。

まさかのクラウドソーシングではなく、ココナラから仕事の依頼が!!!!

※ココナラは自分のスキルを出品するサービスです。

ストレスの嵐

なんとか念願の初案件。

Jqueryで動きを付けたサイトを作る案件だった。もうやる気に満ち溢れていたのよ。

なにがストレスだったのかというと

  • クライアントさんとの会話が噛み合わない
  • クライアントさんからの要求が増えまくる
  • 本職が終わった後の作業はきつい
  • うまくいかない

これが……稼ぐということ……!!ていう感じでした。

初めてということもあってめちゃくちゃきつかった。

仕事の忙しさもありプライベートの用事もあり、キャパオーバーだった。

6ヵ月の気づき

結局、要求にこたえることができず納期も間に合わなかったためキャンセルになってしった・・・。

以下気づいたこと、これから気を付けたいこと

  • 自分の知識で稼ぐには、買ってくれる相手探しがとっっっても大事
  • 自分の力量を踏まえた仕事を取ることが大切。
  • 勢いばかりに頼ってはいけない。
  • 仕事の流れと求められることを把握する

これから

これがweb制作プログラミングで稼ぐことが簡単ではなかったよって話

6ヵ月で蓄えたweb制作のスキルとこの経験はかならず役に立つ……と思っている。

プログラミングで稼いでいきたい人、挫折しかけている人、これから先不安な人、プログラミングの勉強と稼ぐための行動は決して無駄なことじゃない

 

日記のようになってしまったが、同じ目標を持った人たちの参考になってくれればうれしい。

 

またな!!

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク