『不思議惑星キンザザ』ソ連が生んだSF超大作!何もかもが不思議な映画

この記事を見に来てくれた人は恐らく、

一度映画を観てやってきた人とタイトルに惹かれて検索してきた人かと思います。

あなたは、すでにこの作品のファンです!

映画にあまり興味がない人はまず、知ることはないだろうこの映画。

映画通のSF映画大好きな人たち、カルト映画というジャンルが好きな人達にとっては有名な映画でもあります。

興味をもった人と詳しく知りたい人に向けて、不思議惑星キンザザを紹介します!

不思議なタイトルだけどストーリーも不思議

映画のタイトル『不思議惑星キンザザ』そして、このパッケージ。

なんとも不思議。

そもそもが、惑星キンザザは作品の中に存在はしておらず、キンザザ星雲の惑星ブリュレがこの映画の舞台。

ソビエト連邦時代の技術者と学生が、異星人と接触。異星人の”空間移転装置”によって惑星ブリュレに飛ばされてしまう。

そこは、へんてこな機械にへんてこな人々。めちゃくちゃな文化。

おかしな惑星でもう大変。

二人は地球に帰るため、芸を披露したり危険な取引をしたり、不思議な惑星で奮闘する!

お話。

かなり端折ってますが多くを語ってしまうと、この作品の意味がありません。とにかく、なんだこれの連続。

まさに、不思議惑星にいる気分になる映画なんです。

映画を構成する4つの不思議

ここからは少々ネタバレが入ります!ご注意を!

惑星の言語

映画の不思議を一番に出している要素。

まずは、惑星の住人が使う言語が意味不明。だが、なぜか頭に残ってしまう。

その①:きゅー

これは、罵倒していることを意味している。

その②:くー

これは、罵倒いがいを意味している。

この二言のみ

惑星ブリュレの人々の言語はこれだけ。

映画を観た人ならわかってくれるとは思うけど、マネしたくなるよね。

観ていない人にとっては意味が分からなくて仕方がないと思う笑

惑星の超技術

映画に登場する乗り物や武器、アイテムは地球文明を遥かに凌駕している。

だけどそのビジュアル。

映画のアイテムで大事な要素のビジュアルが、おかしくてしょうがない。

ガラクタにしか見えない!

『不思議惑星キンザザ』に登場するアイテムは、ガラクタにしか見えない超技術

惑星の住人たち

惑星には、惑星を支配している人種(チャトル人)と奴隷の人種(パッツ人)の2つの人種に分かれていて奴隷は鼻に鈴を付けなければならない。

階級が下のものは上のものにおかしな挨拶をしなくてはならないなど、厳しい階級社会。

一応通貨が存在しているが、もっとも価値があるのは、なぜかマッチ

主人公はたまたま、マッチ棒を持っていてマッチが物語を大きく動かす。

地球人二人

惑星ブリュレに飛ばされた男ふたり。ソ連の技術者マシコフ(右)と学生のゲデヴァン(左)のキャラクターがとてもいい。

マシコフは常に冷静で地球にいる妻を心配しみんなをまとめ情にあふれる頼れるリーダーだ。

ゲデヴァンは前半、非常に頼りないやつだったが物語が進むにつれ頼もしいやつに。

この二人のやりとりや、行動には目が離せない。

不思議惑星キンザザが生まれた時代

作られたのはソ連の時代。

ソ連は昔から芸術の重要性を説いていて、映画学校もありました。

しかし、スターリンの独裁が始まってからは検閲が厳しく新聞や書籍はもちろん、映画や彫刻、歌やダンスなど表現の自由が抑圧されていました。

スターリンが亡くなり、規制が徐々に緩和。

多くの傑作を輩出し映画革命を起こしてきたソ連映画ですが、1986年に不思議惑星キンザザが作られました。

階級闘争と資本主義の経済、当時のソ連社会を皮肉った映画でそんな映画がなぜか許可されました。

そして、ソ連全土で大ヒット。観客動員数は1570万人で驚異的な記録を出しました。

不思議惑星キンザザを観る

異世界にどっぷりはまりたい人、おすすめ。

おすすめしたいのだけれど、観る手段がかなり限られてしまっています。

動画配信サイト

最近ではもっとも、利用されているだろう配信サイト。

残念ですが、Hulu NETFLIX などで配信はなく、Amazonプライムでさえ有料配信もしていないんです。

現在、配信サイトでの視聴は不可能!

観るためにはレンタルかディスクの購入

観るための手段その①レンタル

私自身、TSUTAYAレンタルで2度レンタルで視聴しています。

TSUTAYA発掘良品のコーナーにあります。

注:TSUTAYA以外のレンタルショップで確認はしていません。

観るための手段その②ディスクの購入

もっとも確実なのはDVDまたはBlu-rayを購入して視聴すること。

ですが、大きなお金が発生してしまうためできればこの手段は使いたくはないですよね。

不思議惑星キンザザを観る手段は?

・配信サイトでは確認されていない

・TSUTAYAでレンタル

・ディスクの購入

ほかにもこんな作品も

ソ連映画は、多くの傑作がある。というのは説明しました。

ソ連時代の代表する映画監督アンドレイ・タルコフスキーのSF映画『惑星ソラリス』です。

こちらも傑作といわれる映画なのでぜひ観てみてください。

ソ連映画独特の雰囲気を味わってみてください。

スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク